Ver 8.0
  
 
 
e-aruki.com 
  ( 寺院・神社の参拝 (東 京) )
  
  
    
[画像] 東京の寺院 梅の”亀戸天神”に参拝する
  

  
  
  
  
 
 
  


 <日本の寺院・神社>   東北   北関東   東京1   南関東   甲信越   北陸   東海   近畿   中国   四国   九州





 1.東京都江東区亀戸 ”亀戸天神” に参拝する
 
     
 亀戸天神社
 (かめいどてんじんしゃ)
 神社・寺院
 東京都 江東区
 (撮影 2015.03.15)
 亀戸天神社(かめいどてんじんしゃ)は、東京都江東区亀戸にある神社(天満宮)です。菅原道真を祀り、学問の神として親しまれています。特に1・2月の受験シーズンの土曜・日曜には、道真の加護を求めて絵馬を奉納する受験生で境内が溢れます。通称は亀戸天神、亀戸天満宮または東宰府天満宮といわれています。

 亀戸天神社の始まりは、正保年間(1644年 - 1647年)、菅原道真の末裔であった九州の太宰府天満宮の神官、菅原大鳥居信祐が、天神信仰を広めるため社殿建立の志をもち、諸国を巡りました。そして1661年(寛文元年)、江戸の本所亀戸村にたどり着き、元々あった天神の小祠に道真ゆかりの飛梅で彫った天神像を奉祀したのが始まりとされています。
   (ウィキペディアより)
(Size :    KB) 亀戸天神、太鼓橋(女橋)より拝殿を望む 亀戸天神、沢山の絵馬の境内を望む







作成中です

 【 亀戸天神「うそ替え神事」について 】  

 例年1月24日 - 25日。縁起物である木彫りの鷽(ウソ)が授与されます。
     「去年の悪(あ)しきはうそ(鷽)となり、まことの吉にとり(鳥)替えん」
 との言い伝えによるとのことです。

 木彫りの鷽は、高さ5 - 22cmくらい、白木の円柱に上部3分の1位が荒削りされ、頭部と腹部となり、背後は削り掛けの手法で尾羽が切り込まれています。彩色は頭が黒、胸は朱、背の羽は緑と黒となっています。       
(ウィキペデアより)

亀戸天神、「幸運を招く鷽(ウソ)」の碑です
   
 






  お気に入り写真 
 




亀戸天神、拝殿にて参拝する





靖亀戸天神、紅梅、白梅の中より”大鳥居”を望む



亀戸天神、”太鼓橋(女橋)”、”拝殿”を望む



亀戸天神、入口より”大鳥居”を望む


亀戸天神、大鳥居より”太鼓橋(男橋)”を望む



靖亀戸天神、大鳥居より境内、”スカイツリー”を望む





亀戸天神、境内より藤棚と”大鳥居”を望む




亀戸天神、”拝殿”と”スカイツリー”を望む






亀戸天神には沢山の絵馬が掛けられています






亀戸天神、境内にて





亀戸天神、”太鼓橋”を望む



亀戸天神、”拝殿”を望む



亀戸天神、5歳の道真公の像です。右側は縁起物である木彫りの鷽(ウソ)です



亀戸天神、縁起物である木彫りの”鷽(ウソ)”です



亀戸天神、”手水所”のカメです。愛きょうがあります



亀戸天神、”拝殿”と””太鼓橋(女橋)”を望む。女橋は希望の未来を表す橋とのことです。
右端の灯籠は”琴柱灯籠(ことじどうろう)です



亀戸天神、”太鼓橋(男橋)”を望む



千 亀戸天神の白梅と”カワセミ”です



亀戸天神にて







 <日本の寺院・神社>   東北   北関東   東京1   南関東   甲信越   北陸   東海   近畿   中国   四国   九州

  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止