Ver 7.0
  
 
 
e-aruki.com 
 ( ス ペ イ ン )
  
  
    
[画像]  世界文化遺産 ”アントニ・ガウディの作品群”、”カタルーニャ音楽堂” を散策する
  
  
  
  
  
 
 
  




 
 世界文化遺産 ”アントニ・ガウディの作品群”
(世界遺産 1984年登録、2005年拡大登録)
 
 「アントニ・ガウディの作品群」とはスペインのバルセロナにある世界遺産のことです。名称からわかるように、スペインの生んだ天才建築家ガウディの7つの作品が含まれています。

       ●サグラダ・ファミリア
       〇グエル公園
       ●カサ・ミラ
       〇カサ・ビセンス
       ●カサ・バトリョ
       〇グエル邸
       〇コロニア・グエル教会


●サグラダ・ファミリア
 バルセロナのシンボルであるサグラダ・ファミリアはスペイン・バルセロナにあるカトリック教会です。サグラダ・ファミリアの正式名称は聖家族贖罪教会といい、贖罪教会ということで、人々の浄財で建設費をまかなっています。

〇グエル公園
 バルセロナの人気スポットであるグエル公園は街が一望できる公園です。1900年から1914年にかけて建設されました。もともとはブルジョワ階級向けの庭園住宅になる予定でした。

●カサ・ミラ
 カサ・ミラはバルセロナのグラシア通りにある建築物です。ガウディが54歳の時に設計されました。カサ・ミラは実はマンションで、住んでいる人はいますが、見学できる場所も多くあります。

〇カサ・ビセンス
 カサ・ビセンスはグランシア地区にあるガウディがはじめて住宅設計をした邸宅です。レンガやタイル工場の社長であったマヌエル・ビセンスとその家族の住居として建設されたものです。

●カサ・バトリョ
 バルセロナ、アシャンプラのグラシア通り43番地に位置するカサ・バトリョは、1877年に建設されたもの。大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受け、1904年から1906年にかけて、ガウディはこの邸宅の改築を行いました。

〇グエル邸
 カフェや花屋、露店が並ぶ海に向かってのびるランブラス通りにあります、エウセビ・グエル氏から依頼を受けてガウディが設計を手掛けた豪華な邸宅。

〇コロニア・グエル教会
 繊維業界で成功したエウセビ・グエル氏が繊維工場をバルセロナから移そうとしたのをきっかけに工業コロニーが造られ、コロニー内に教会が必要とのことで設計を依頼されたのがガウディです。

                   
(世界遺産オンラインガイド HPより)
 
 





 1.ガウディ 未完の教会 ”サグラダ・ファミリア” を訪れる(1)
 
バルセロナ
  サグラダファミリア
 (聖家族教会)
 世界文化遺産
 「アントニ・ガウディの作品群」として1984年、2005年拡大登録
 スペイン バルセロナ
 (撮影 2016.07.19)
  サグラダ・ファミリア(Sagrada Familia)は、日本語に訳すると聖家族贖罪教会という正式名称を持つ教会で、スペインのバルセロナにあるカトリック教会のバシリカです。日本語では聖家族教会と呼ばれています。

  バルセロナ市のシンボルであるこの建物は、綿密に構成された象徴詩的なシンボロジーと共に、放物線状(パラボリックな)構造のアーチや、鐘楼に据えられた自然主義と抽象主義の混在する彫刻などで、大胆な建築様式を誇っている教会です。
              (ウィキペディアより) 
(Size : 5,165KB) ガウディ広場より、サグラダ・ファミリアを望む サグラダ・ファミリアの内部です




 2.バルセロナ ”サグラダ・ファミリア” を訪れる(2)
 
 バルセロナ
  サグラダ・ファミリア
 (聖家族教会)
 世界文化遺産
 「アントニ・ガウディの作品群」として1984年、2005年拡大登録
 スペイン バルセロナ
 (撮影 2016.07.19)
 アントニ・ガウディ( 1852年6月25日 - 1926年6月10日)は、スペイン、カタルーニャ出身の建築家です。19世紀から20世紀にかけてのモデルニスモ(アール・ヌーヴォー)期のバルセロナを中心に活動しました。

 ガウディは、1878年に建築士の資格を取得しています。当時のバルセロナ建築学校校長で建築家のアリアス・ルジェン(エリアス・ロジェント、Elies Rogent)は、ガウディについて「彼が狂人なのか天才なのかはわからない、時が明らかにするだろう」と言ったと伝えられています。
              (ウィキペディアより) 
(Size : 4,541KB) サグラダ・ファミリア、東側”生命の木”を望む サグラダ・ファミリア、西”受難の門”側を望む




 3.バルセロナ ガウディ作品  ”カサ・ミラ” を訪れる
 
 バルセロナ ガウディ作品
  カサ・ミラ、カサ・バトリョ
 世界文化遺産
 「アントニ・ガウディの作品群」として1984年、2005年拡大登録
 スペイン バルセロナ
 (撮影 2016.07.19)
 カサ・ミラ(Casa Mila)は、バルセロナのグラシア通り (Passeig de Gracia) にある建築物です。ガウディが54歳の時に設計しました。1906年から1910年にかけて実業家のペレ・ミラとその妻ルゼー・セギモンの邸宅として建設されました。1984年にユネスコの世界遺産に登録されています。

 カサ・ミラは直線部分をまったくもたない建造物です。壮麗で非常に印象的な建物で、あたかも砂丘か溶岩の波のような雰囲気をもっています。一般的な現代建築の様式とは、隔絶した建築となっています。
 外観の波打つ曲線は地中海をイメージして作られ、一つ一つ異なるバルコニーは、鉄という素材を使いながら、まるで波に漂う海藻のような、柔らかな造形を生み出しています。
              (ウィキペディアより) 
(Size : 3,126KB) バルセロナ、ガウディ作品 ”カサ・バトリョ”を望む バルセロナ、ガウディ作品 ”カサ・ミラ”を望む






 
 世界文化遺産 ”バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院”
(世界遺産 1997年登録) 
 
 バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院は、スペインのバルセロナにある世界遺産。サグラダ・ファミリアなどで知られるスペインの世界的な建築家アントニ・ガウディと同時代の建築家ルイス・ドメネク・イ・モンタネルによって、モデルニスモ(バルセロナを中心に、19世紀末から20世紀初頭にかけて流行した、フランスではアールヌーボーと呼ばれる芸術様式・芸術運動)の様式で建設されました。

●カタルーニャ音楽堂
 カタルーニャ音楽堂は、1905年から1908年にかけて建設されたコンサートホール。内部にはステンドグラスの施された天井などがあり、20世紀初頭のバルセロナにおいてモデルニスモの代表作とされています。今日では毎年50万人以上の人々が交響楽や室内楽、ジャズ、伝統音楽などを楽しむためにこのホールを訪れています。

〇サン・パウ病院
 サン・パウ病院は、1902年から1930年にかけて建築された、ドームを持つレンガ造りのムデハル様式(イスラム建築と西洋キリスト教建築が融合したスペイン独特の建築様式)を取り入れた豪華な建造物です。サン・パウ病院はカラフルなタイルやステンドガラス、モザイク画などで飾られた6つの建築物から成ります。


                   
(世界遺産オンラインガイド HPより)
 
 




 4.バルセロナ ”カタルーニャ音楽堂” を訪れる
 
 バルセロナの
 カタルーニャ音楽堂
 世界文化遺産
 「バルセロナのカタルーニャ音楽堂と
 サン・パウ病院 」として、1997年登録
 スペイン バルセロナ
 (撮影 2016.07.19)
 カタルーニャ音楽堂(カタルーニャ語:Palau de la Musica Catalana)は、スペイン、バルセロナにあるコンサートホールです。1997年、サン・パウ病院とともに、バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院としてユネスコの世界遺産に登録された。

 カタルーニャ音楽堂は建築家リュイス・ドゥメナク・イ・ムンタネー(Lluis Domenech i Montaner)によってムダルニズマの様式で設計されたコンサートホールです。1905年から1908年にかけて、カタルーニャ・ルネサンス(文芸復興運動)において指導的役割を果たした合唱団、ウルフェオー・カタラー(Orfeo Catala、1891年設立)のために建設されました。建設にあたってはバルセロナの篤志家たちの財政支援も受けている。この音楽堂の建設によりドメネクは1909年にバルセロナ市より賞を受けたとのことです。
              (ウィキペディアより) 
(Size : 4,380KB) カタルーニャ音楽堂を望む(1) カタルーニャ音楽堂を望む(2)




 世界文化遺産 ”ガウディ作品群”
 
 
ガウディ広場より、サグラダ・ファミリアを望む
 
受難の門側から、サグラダ・ファミリアを望む
 
サグラダ・ファミリア、聖堂にて
 
サグラダ・ファミリア、西面(受難の門)側から差し込む燃えるような陽です
 
カタルーニャ音楽堂の彫刻を望む
 
  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止