Ver 8.0
  
 
 
e-aruki.com 
      ( エジプト共和国 )
  
  
    
[画像] 世界文化遺産 エジプト首都カイロ ”カイロ歴史地区” を訪れる
  
  
  
  
  
 
 
  
 <世界遺産>   アブ・シンベル神殿    ピラミッド    古代都市テーベ    カイロ





 
世界文化遺産登録 ”カイロ歴史地区”

( 世界遺産  1979年  月登録 )

 
 エジプトの首都カイロは、1979年に「イスラーム都市カイロ」として世界遺産に登録された後、2007年に名称が変更されました。「カイロ歴史地区」は、カイロ東南部にある約8q×4qの範囲にわたります。

 ここには、イスラム地区である旧市街と、カイロ発祥の地であるオールド・カイロが含まれています。600を超えるモスクや、1000以上のミナレットを擁するため、「千の塔の都」と呼ばれています。

カイロの歴史
 カイロ歴史地区(イスラム地区)
   1.アズハル大学
   2.シタデル
  ●3.ムハンマド・アリー・モスク
   4.イブン・トゥールーン・モスク
  ●5.ハーン・ハリーリ
   6.アル・フセイン・モスク
   7.スルタン・ハサン・モスク
   8.ズウェーラ門

 カイロ歴史地区(オールド・カイロ)

   9.アムル・イブン・アル=アース・モスク
   10.ベン・エズラ・シナゴーグ
  ●11.エル・ムアッラカ教会
   12.聖セルジウス教会(アブ・サルガ)
   13.聖ゲオルギウス教会(マリ・ギルギス)


<カイロの歴史>

 7世紀にイスラム帝国がこの地に侵攻し、エジプト支配の拠点としてフスタートという都市を建設しました。これがオールド・カイロの場所に当たります。以後、フスタートは首府や州治所としての役割を果たすようになります。

 10世紀にファーティマ朝はフスタートを征服し、ミスル・アル=カーヒラ(勝利の町)を建設しました。カーヒラ=カイロで、ここからカイロという名前が歴史上に出てくるようになります。宮殿やアズハル・モスクなどが造られました。

 12世紀、アイユービ朝のサラーフ・アッディーンにより、エジプトの政府機能がすべてカイロに集約されます。多くの歴史的建造物を抱えたカイロは、世界最大規模のイスラム都市として繁栄したのでした。



                   (世界遺産オンラインガイド HPより)


                                  ●印は、写真の掲載があります
 
     
 
 






 1.カイロ ”ムハンマド・アリー・モスク” を訪れる
 
     
 ムハンマド・アリー・モスク
 (むはんまど・ありー・もすく)
 世界文化遺産 「カイロ歴史地区」
(1979年に「イスラーム都市カイロ」として登録)
 エジプト  カイロ
 (撮影 2016.11.24)
 オスマン様式の巨大なモスクムハンマド・アリー・モスクは1824年に当時オスマントルコの支配下にあったエジプトの近代化の基礎を築いたモハメド・アリーによって建設がスタートし、息子サイード・パシャの時代の1857年に完成しました。

 ムハンマド・アリー・モスクは、シタデルの中で最も壮大な建物です。エジプト最後の王朝ムハンマド・アリー朝を興したムハンマド・アリーの命により1830年から27年の歳月をかけて建設されました。ムハンマド・アリーは、ナポレオンの侵略からエジプトを救い、エジプトの近代化に貢献した王として名高い人物です。

ムハンマド・アリーの命により建設されたムハンマド・アリー・モスクは、トルコ・イスタンブルから建築家を招き、アヤソフィアを真似て建設されました。そのため巨大なドームを複数持ち、鉛筆形の2本のミナレットをもつエジプトにある他のモスクではほとんど見られないモスクとなっています。
   (世界遺産オンラインガイド HPより)   
(Size :    KB) ムハンマド・アリー・モスクを望む ムハンマド・アリー・モスク、ドームの内部です

ムハンマド・アリー・モスクを望む
ムハンマド・アリー・モスクを望む。モスクは、トルコ・イスタンブルから建築家を招き、アヤソフィアを真似て建設されました
ムハンマド・アリー・モスク、巨大ドーム内部の様子です
ムハンマド・アリー・モスクの中庭にて
アムハンマド・アリー・モスクより、カイロ市街を望む






 2.カイロ ”ハーン・ハリーリ” を訪れる
 
     
     
 ハーン・ハリーリ
 (はー
ん・はりーり)
 
 世界文化遺産 「カイロ歴史地区」
(1979年に「イスラーム都市カイロ」として登録)
 エジプト  カイロ
 (撮影 2016.11.24)
 ハーン・ハリーリバザールはエジプト最大のスーク(市場)です、バザールは14世紀から続いているとのことです。現在は観光客向けのお土産物屋さんが大半になっています。
 日本人が歩いていれば「やばにー」「やまもとやまー」「見るだけタダ」と声をかけてくれます。ただ中国の人にも良く間違えられます。

 ハーン・ハリーリバザールは迷路のような小さな道の両側に観光客用のお土産屋さんがたくさん並んでいます。現地では「カーン・エル・カリーリ」と呼ばれているとのことです。      (ウィキベテアより)
 
(Size :    KB) ”ハーン・ハリーリ” バザールへの入口を望む ハーン・ハリーリバザールのお土産屋さんにて



ハーン・ハリーリバザールにて、大勢の人々が行きかっています


ハーン・ハリーリバザールを散策する


ハーン・ハリーリバザールにて、このお店でナツメヤシを購入しました


ハーン・ハリーリバザールを望む

ハーン・ハリーリバザール、入口のお土産屋さんにて

ハーン・ハリーリバザール入口の広場にて






 3.カイロ コプト教会 ”エル・ムアッラカ教会” を訪れる
 
     
     
 エル・ムアラッカ教会
 世界文化遺産 「カイロ歴史地区」
(1979年に「イスラーム都市カイロ」として登録)
 エジプト  カイロ
 (撮影 2016.11.24)
  エル・ムアラッカ教会は、聖母マリアに捧げるために建立された4世紀のコプト教会です。バビロンの要塞跡に建てられ、コプト教地区で最古の教会です。
 現在の教会は9世紀に再建された建物で、14世紀まで総主教座として機能していたとのことです。

 教会内部にはエルサレムに入るイエス・キリストを表す木彫りを始め、様々なイコンが残されています。     (ウィキペディアより)
  
(Size :    KB) エル・ムアラッカ教会を望む エル・ムアラッカ教会内部を望む



カイロ コプト教会 ”エル・ムアラッカ教会” を望む

カイロ コプト教会 ”エル・ムアラッカ教会” にて。教会入口の庭にありますモザイク画です

”エル・ムアラッカ教会”内部を望む

”エル・ムアラッカ教会”内部にて



 <エジプトエジプト世界遺産>   アブ・シンベル神殿    ピラミッド    古代都市テーベ    カイロ

  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止