Ver 8.0
  
 
 
e-aruki.com 
      ( エジプト共和国 )
  
  
    
[画像] 世界文化遺産 エジプト ”古代都市テーベとその墓地遺跡” を訪れる
  

  
  
  
  
 
 
  
 <世界遺産>   アブ・シンベル神殿    ピラミッド    古代都市テーベ    カイロ





 
世界文化遺産登録 ”古代都市テーベとその墓地遺跡”

( 世界遺産  1979年  月登録 )

 
 「古代都市テーベとその墓地遺跡」はエジプトのナイル川沿い、ルクソール近郊にあり、地中海からおよそ800q南方に位置しています。テーベは約1,000年もエジプトの首都として栄華を誇り、現在ではルクソールと呼ばれています。

 カルナック神殿やルクソール神殿の他、ツタンカーメンの墓がある「王家の谷」や数々の葬祭殿が点在しており、考古学的価値が非常に高い一大遺跡地区となっています。

1979年、世界遺産に登録されました。

古代都市テーベ(現ルクソール)とは
  <生者の世界(居住区)>
   ●1.カルナック神殿
   ●2.ルクソール神殿

  <死者の世界(ネクロポリス)>
   ●3.メムノンの巨像
    4.ラムセウム(ラムセス2世葬祭殿)
    5.ラムセス3世葬祭殿
   ●6.ハトシェプスト女王葬祭殿
    7.王家の谷
    8.王妃の谷
    9.デール・イル・マディーナ
   10.貴族の墓
   11.セティ1世の葬祭殿
 


<古代都市テーベ(現ルクソール)とは>

 紀元前3000年頃から紀元前4000年頃にかけて、ここにはすでにセペトという都市国家がありました。その後、エジプト中王国(紀元前2000年〜紀元前1800年頃)第11王朝時に首都となり、新王国(紀元前1600年〜紀元前1000年頃)第18王朝までの約1000年間にわたって王国の中心として繁栄しました。

 元来ここではアメン神が信仰されていましたが、エジプト王国の太陽神ラー信仰と合わさり、アメン・ラーとなります。そして、カルナック神殿は信仰の総本山となりました。



                   (世界遺産オンラインガイド HPより)


                                  ●印は、写真の掲載があります
 
     
 
 






 1.テーベ(現ルクソール) ”カルナック神殿” を訪れる
 
     
 カルナック神殿
 (かるなっくしんでん)
 世界文化遺産
 「古代都市テーベとその墓地遺跡」
 (1979年に登録)

 エジプト ルクソール
 (撮影 2016.11.23)
 カルナック神殿(カルナックしんでん、 Karnak Temple)は、古代エジプトの神殿複合体です。カルナク (Karnak〉) とも記されています。
 エジプトの首都カイロからナイル川を南におよそ670キロメートルさかのぼった東岸に位置し、新王国時代(紀元前1550-1069年頃)に繁栄した古代の首都テーベ(古名ワセト、現在のルクソールに建てられました。
 西岸には歴代の王が眠る王家の谷や貴族の墓、ハトシェプスト女王葬祭殿などがあります。歴代の王が寄進して増改築を重ね拡張された巨大な複合体であり、中心はアメン神に捧げられたアメン大神殿(アメン=ラーの神域)となっています。

 カルナック神殿複合体は、荒廃した神殿、祠堂、塔門(パイロン、Pylon)およびその他の建造物の膨大な構成からなっています。1平方キロメートル(100ヘクタール)以上におよぶ広大な古代宗教遺跡です。複合体は泥煉瓦の周壁に囲まれた3つの主要部分からなり、現在のところ、その中で最大のアメン大神殿が唯一、一般に公開されています。
   (ウィキペディアより)   
(Size :    KB) ルクソール、カルナック神殿を望む カルナック神殿、”オベリスク”を望む


ルクソール、カルナック神殿、スフィンクス参道を望む

ルクソール、カルナック神殿にて

ルクソール、カルナック神殿”オベリスク”を望む。高さ約29.5メートル、重さ323トンとなる最大級のオベリスです

ルクソール、カルナック神殿にて。アメン大神殿の大列柱室を望む

カルナック神殿 ”ハトシェプストのオベリスク先端部”を望む






 2.テーベ ”ルクソール神殿” を訪れる
 
     
     
 ルクソール神殿
 (ルクソールしんでん)
 
 世界文化遺産
 「古代都市テーベとその墓地遺跡」
 (1979年に登録)

 エジプト・ルクソール
 (撮影 2016.11.23)
 ルクソール神殿(ルクソールしんでん、Luxor Temple)は、エジプトのルクソール(古代のテーベ)東岸にある古代エジプト時代の神殿複合体です。もともとカルナック神殿の中心を形成するアメン大神殿の付属神殿として、エジプト第18王朝ファラオのアメンホテプ3世(紀元前1390-1352年頃)によって中心部分が建立されました。

 神殿の後方には、アメンホテプ3世およびアレクサンドロス3世(紀元前332-323年)によって構築された祠堂があり、ローマ時代には、神殿およびその周辺は軍の要塞となり、その領域はローマ政府の基地でありました。
 アメン大神殿とはスフィンクスの参道で結ばれていました。神殿入口となる第1塔門の前には1対のラムセス2世(紀元前1279-1213年)の坐像、その手前には高さ25メートルのオベリスクが1本立っています。オベリスクは本来左右2本ありますが、右側の1本(高さ22.55メートル)は1819年、フランスに贈られ、パリに運ばれました。現在はコンコルド広場にあります。      (ウィキベテアより)
 
(Size :    KB) ルクソール、”ルクソール神殿” を望む ”ルクソール神殿” にて




ルクソール、日中に望む ”ルクソール神殿”

ライトアップの”ルクソール神殿” を望む

ライトアップの”ルクソール神殿” を望む

幾何学的な美しいをかもし出している、ライトアップの”ルクソール神殿” を望む

ライトアップの”ルクソール神殿” を望む

スフインクス参道より、ライトアップの”ルクソール神殿” を望む






 3.テーベ ”メムノンの巨像” を訪れる
 
     
     
 メムノンの巨像
 (めむのんのきょぞう)
 世界文化遺産
 「古代都市テーベとその墓地遺跡」
 (1979年に登録)
 エジプト・ルクソール
 (撮影 2016.11.23)
 メムノンの巨像は、エジプト・ルクソールのナイル川西岸にある2体のアメンホテプ3世の像です。呼び名はギリシアの伝説、トロイア戦争に登場するエチオピア王メムノーンに由来します。高さは約18mの像です。
 元々は、背後に同王アメンホテプ3世の葬祭殿が控えており、その入口の部分でしたが、葬祭殿は第19王朝ファラオ・メルエンプタハが自身の葬祭殿の石材調達のため破壊されてしまいました。

 右側の像は紀元前27年の地震によりヒビが入り、夜明けになると、おそらく温度差や朝露の蒸発のせいで、うめき声や口笛のような音を発していたとのことです。メムノンの巨像が声を出す現象は当時のガイドによって脚色され、メムノンの死別した母への呼び声だとされ、声を聴こうと詰めかける人々で観光地化しました。巨像の台座には人々が書き記した署名や詩が残されていて、エジプト総督や地方行政長官の肩書きを持つ人間が大勢訪れていたことが確認できるとのことです。

 その後、巨像はセプティミウス・セウェルス帝によって下に落ちていた像の上半身を取り付けられると、声を出すこともなくなったといわれています。     (ウィキペディアより)
(Size :    KB) 駐車場より、メムノンの巨像を望む 保存状態の良い右側のメムノンの巨像を望む



”メムノンの巨像”を望む。左下の人物との対比でその巨大さがわかります

”メムノンの巨像”左側巨象の台座のアップです

”メムノンの巨像”右側の巨象のアップです






 4.テーベ ”ハトシェプスト女王葬祭殿” を訪れる
 
     
     
 ハトシェプスト女王葬祭殿 (ハトシェプストじょうおうそうさいでん)
 世界文化遺産 「カイロ歴史地区」
(1979年に「イスラーム都市カイロ」として登録)
 エジプト・ルクソール
 (撮影 2016.11.23)
 ハトシェプスト女王葬祭殿は、エジプト・ルクソール西岸にある古代エジプト唯一人の女性ファラオ、ハトシェプストが造営した葬祭殿です。ハトシェプストの側近で建築家センムトが設計を行ったとのことです。後にトトメス3世によって壁画や銘文が削られるなど一部破壊を受けました。手前にはメンチュヘテプ2世の王墓があり、あわせて、デル・エル・バハリ(アラビア語で「北の修道院」の意味。後にコプト正教会の教会として使われていたため)とも呼ばれています。

 1997年11月、ルクソール事件の現場となり外国人58人を含む62人が亡くなる事件が発生し、その中には多くの日本人新婚旅行者も含まれていました。     (ウィキペディアより)
  
(Size :    KB) ハトシェプスト女王葬祭殿を望む ハトシェプスト女王葬祭殿にて



ルクソール ”ハトシェプスト女王葬祭殿” 全景を望む

”ハトシェプスト女王葬祭殿” にて

”ハトシェプスト女王葬祭殿”内部にて。ハトホル女神礼拝所にあるハトホル女神のレリーフが彫られた柱です

”ハトシェプスト女王葬祭殿”内部にて。葬祭殿にあるレリーフは保存状態が良く、色彩鮮やかに残ったものが多い

”ハトシェプスト女王葬祭殿” を望む

ルクソール ”王家の谷” にて。王家の谷では写真撮影が禁止となっております。このため駐車場の写真です



 <エジプトエジプト世界遺産>   アブ・シンベル神殿    ピラミッド    古代都市テーベ    カイロ

  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止