Ver 6.0
  
 
 
  世界遺産を訪ねる・歩く
e-aruki.com 
   ( ブラジル・アルゼンチン )
  
  
    
[画像]  アルゼンチン 世界自然遺産  ”イグアスの滝”
  
  
  
  
  
  
  
  
”イグアスの滝” ボートツアーを楽しむ (アルゼンチン)
 
 イグアス国立公園
 世界自然遺産
 (1984年登録)
 アルゼンチン
 ミシオネス州イグアス県
  (撮影 2015.06.08)
 アルゼンチンのイグアス国立公園は、1934年に設定された国立公園です。ミシオネス州北部のイグアス県にあり、その名の通り、アルゼンチン最大級の自然美を誇るイグアスの滝と周辺の亜熱帯の密林が対象となっています。イグアス川の対岸には、ブラジルのイグアス国立公園が存在し、ともに世界遺産に登録されています。

 イグアス川は、1320km流れてイグアスの滝から23km下流でパラナ川に合流しています。公園内での最大幅は1500mで、最初に南へ曲がったあと北へ曲がり、大きなU字型を描いています。土手に沿って花がアルゼンチンの国花にもなっているアメリカデイゴを含む木々が密生しています。  (ウィキペディアより)
(Size : 2,142KB) 
”イグアスの滝”望む ”イグアスの滝”ボートからの風景
 


 ”イグアスの滝(アルゼンチン)” ボートから鑑賞する
 
■ ボートからの風景、右側ボッセティ滝を望む ■
ボートの乗り場の様子です ボートツアーの出発です
 


 ”イグアスの滝” ボートより望む
 
■ 悪魔の喉笛、ボートからの景色です。(左側にブラジル側の展望台が見えます) ■
  
ボートからの風景です(サン・マルティン滝、ビグア滝、ベルナベ・メンデス滝、ボッセティ滝(左より))


 イグアスの滝 ボートツアー ”滝壺突入” を望む 
 
■ ボートツアー、滝壺へのダイブの様子です。4〜6秒完全に滝に打たれます。(ブラジル側からの撮影です) ■
     
  
  
 


 ”イグアスの滝” 遊歩道シルクイート・インフェリオールから絶景を楽しむ
 
イグアス国立公園、サンマルティン島を望む
遊歩道シルクイート・インフェリオールにて
  
■ 悪魔の喉笛を望む。左中央の展望台は、ブラジルの展望台。右上の展望台はアルゼンチンの展望台(悪魔の喉笛を覗くところ)です ■


 ”イグアスの滝” ボート乗り場付近の風景です
 
ボート乗り場への歩道からの風景です(サン・マルティン滝、ビグア滝、ベルナベ・メンデス滝、ボッセティ滝(左より))
  
ボートからの景色です ボート乗り場までの岩場の道です
  
■ ボートツアー後のひと時です(ボッセティ滝にて) ■
  
 


 ”イグアスの滝”  ボート乗り場付近案内
 
【世界三大名瀑について】
 イグアスの滝は北米のナイアガラの滝、アフリカのビクトリアの滝と並ぶ世界三大瀑布のひとつで、世界最大級の滝です。
             落差        滝幅      水量/分
  ○イグアスの滝    82m     4,000m    390万トン
  ○ビクトリアの滝  108m     1,700m       −
  ○ナイアガラの滝   54m     1,000m     14万トン

                             (ワールドパッケージHPより)
 
■ 遊歩道シルクイート・インフェリオールより、サンマルティン島(左)を望む ■
  
正面奥が、悪魔の喉笛になります ドス・エルマナス滝(姉妹の)を望む。遊歩道に突然滝が出現します
  
  
公園鉄道(ジャングル・トレイン)にて移動(カタラタス駅にて) ボート乗り場までの遊歩道を進む 完全武装でボートに乗り込みます 人になれ、餌をねだるハナグマです
 
  
 
Google地図より Google地図より地図より(■カーソルセットで写真表示) Google地図より地図より(■カーソルセットで写真表示)
  
 
           
後   記   
 イグアス滝のボートツアーは、目線の低い位置から滝を眺めることができるため、楽しみにしていたイベントでした。ただ、写真などでは、茶褐色の激流の中のイメージが有りましたが、綺麗に澄んだ川の中のツアーとなり、滝へのダイブも安心して出来ました。

 ボートツアーは日本では考えられないほどの過激さで、単純な遊覧では有りませんでした。ボートごと滝壺にダイブします。強烈な水圧で目を開けていられませんでした。4〜6秒間滝に打たれることを2回行いました。6月のイグアス、Tシャツ・短パンにライフジャケットのいでたちで臨みましたが、一回目のダイブであまりの水圧と水量でアッというまに体温を奪われ、2回目のダイブでは完全に体温を奪われブルブル状態になりました。3回目があったらと不安になりましたが、ダイブは2回で終わり、本当に貴重な体験をさせていただきました。
船長とビデオ撮影者の二人は、フード付きゴム加工の上下を着て完全武装しておりました。

 天候にもめぐまれ、川面から各滝の絶景を楽しむことができ、一生の思い出になりました。添乗員さん色々とありがとうございました。           
(2015/6/20)

 
イグアスの滝、ボートツアーの全景です。右下の日陰部分がボート乗り場です。(ブラジル側より望む)
 
”イグアスの滝”ボートツアーへ出発です
 
  
  
  
  Home  Back  
  
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止