Ver 6.0
  
 
 
  世界遺産を訪ねる・歩く
e-aruki.com 
   ( イ ン ド 共 和 国 )
  
  
    
[画像]  インド共和国 世界文化遺産  ”クトゥブ・ミナール”  (No.1) 
  
  
  
  
  
  
”クトゥブ・ミナール” を訪れる No.2 へ   
  
世界で最も高いミナレット ”クトゥブ・ミナール” を訪れる (デリー)
 
 クトゥブ・ミナール
 世界文化遺産 (1993年登録)
デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群
 インド
  デリー
  (撮影 2014.11.22)
 クトゥブ・ミナールは、インドのデリーにあります。高さが72.5mと世界で最も高いミナレットです。

 1200年ごろに奴隷王朝の建国者であるクトゥブッディーン・アイバクによって、クワットゥル・イスラーム・モスクに付属して建てられました。ヒンドゥー様式とイスラーム様式が混在した様式となっています。おそらくヒンドゥー教・ジャイナ教の寺院などを破壊し、その石材を転用して制作されたものであり、建築に携わった職人もヒンドゥー教徒であったと推測されています。  (ウィキペディアより)
(Size : 2,261KB) 
高さ72.5mの世界で最も高いミナレットを望む クッワト・アルイスラーム・モスクの境内、”錆びない鉄柱”
 


 ”クトゥブ・ミナール” の入口にて
 
■ クトゥブ・ミナール入口の様子です ■
フクトゥブ・ミナール入口を進む フクトゥブ・ミナールの全景が見えてきます
 


 クッワト・アルイスラーム・モスクの境内にて
 

 クトゥブ・ミナール(クトゥブの尖塔)は、クッワト・アルイスラーム・モスクの境内の境内にあるミナレットです。トルコ系のムスリムで、デリーに奴隷王朝を創始することになる 将軍アイバクは、破竹の勢いで インド北部を征服すると、その勝利の記念に クッワト・アルイスラーム・モスクを建設した。これは「イスラームの力」を意味する、インド最古のモスクである。建設にあたって、アイバクは取り壊した 27のヒンドゥ寺院やジャイナ寺院の部材を用いた。次いで、クトゥブ・ミナールとよばれるミナレット、じつは「勝利の塔」を建造する。これは今もなお、インドで最も高い石造の塔である。
                     
(神谷武夫氏、「最初のモスクと クトゥブ・ミナール] より)
■  クッワト・アルイスラーム・モスクの境内にて、アーチ・スクリーンを望む  ■
門中のアップです クッワト・アルイスラーム・モスク回廊からの風景です
  


 クトゥブ・ミナール(勝利の塔)を望む 
 
■ クトゥブ・ミナールは、クッワト・アルイスラーム・モスクの境内にあります。高さ 72.5メートル、基部の直径 約 15メートル、最上部は 直径約3メートルと巨大な塔である ■
  
 


 クッワト・アルイスラーム・モスクの境内、錆びない鉄柱を望む
 
4世紀のグプタ王朝時代の遺物だという。高さ7m、重さ6ton、純度98%の鉄でできており、1500年を経過する現在でも錆びていない。当時のインドの冶金技術力の高さを示しています。
クッワト・アルイスラーム・モスクの境内の錆びない鉄柱を望む
クッワト・アルイスラーム・モスクの境内、錆びない鉄柱とアーチ・スクリーン(左側の門)を望む
クッワト・アルイスラーム・モスクの境内の錆びない鉄柱を望む 錆びない鉄柱の根元です


 クトゥブ・ミナールの壁面彫刻
 
  
真下より、クトゥブ・ミナールを望む クトゥブ・ミナールをアップする
クトゥブ・ミナール最先端を望む 錆びない鉄柱の尖端部を望む クトゥブ・ミナールの彫刻を望む 錆びない鉄柱の彫刻を望む
■ クトゥブ・ミナールと錆びない鉄柱を望む。クトゥブ・ミナールの内部には378段の階段があります ■
  
 


 クトゥブ・ミナール、クッワト・アルイスラーム・モスク  案内
 
【奴隷王朝とは】

 クトゥブ・ウッディーン・アイバクはゴール朝の奴隷軍人出身でありながら、1206年にムハンマドが暗殺されると、独立して自らの王朝を建て、ここを首都としました。後継者にも トルコ系の奴隷軍人出身者が多かったため、後世 これを奴隷王朝とよんた。それは世界史の上で、エジプトの白人奴隷(マムルーク)軍人出身者が打ちたてた マムルーク朝と並ぶ、二大奴隷王朝のひとつです。                             (神谷武夫氏、「最初のモスクと クトゥブ・ミナール] より)

英語ではSlave Dynasty と呼ばれていますが、適切な訳語とはいえないとのことです。
                          


 
■ クッワト・アルイスラーム・モスクの回廊の様子です ■
  
 出入口のドーム天井の様子です  クッワト・アルイスラーム・モスク境内にて、回廊と出入口です
  
 クッワト・アルイスラーム・モスク回廊からの風景です(1) クッワト・アルイスラーム・モスク回廊からの風景です(2)
  
  
クッワト・アルイスラーム・モスクにて(1) クッワト・アルイスラーム・モスクにて(2) ”クトゥブ・ミナール”をバックにて クッワト・アルイスラーム・モスク回廊を望む
 
  
 
Google地図より Google地図より地図より(■カーソルセットで写真表示) Google地図より地図より(■カーソルセットで写真表示)
  
 
           
後   記   
 クトゥブ・ミナールは、世界一高いミナレットとのことです。現在は高さが72.5mですが、当初は100mほどの高さがあったとのことです。いまから800年程前に赤砂岩(底層部)と大理石(上層部)を積み上げ建築し、現在まで残っていることは驚異的なことと思いました。
 また錆びない鉄柱は、さらに古い時代に造られ、現在も立っています。インドにはそういう技術が有ったことを伝えてくれる場所でした。      
(2015/2/8)

 
クトゥブ・ミナールの駐車場付近にて、みんな可愛く整列しておりました  (◆カーソルセットでモスクの平面図が表示されます)
 
  
  
  
  Home  Back  
  
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止