Ver.4 
     e-aruki.com   世界遺産を訪ねる・歩く
[画像]   タイ・ベトナム
 
  
  
  
 アユタヤ遺跡 ”ワット・ヤイ・チャイ・モンコン”を歩く  
 
 ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
 世界文化遺産 (1991年)
 タイ アユタヤ
  (撮影 2009.04.12)
 ワット・ヤイ・チャイ・モンコンは、アユタヤを象徴する仏教寺院の遺跡です。建立は1357年。初代ウートン王がスリランカ留学から帰って僧侶のためにたてたという。敷地内にひときわ高くそびえるスリランカ様式の大仏塔は、20代ナレスワン王がビルマの支配からの開放を祝って1592年に建造したものです。 (るるぶ バンコク・アユタヤより)   
大仏塔を望む 大きな涅槃像
  
   
   
 アユタヤ遺跡 ”ワット・プラ・シー・サンペット” を歩く
 
 瀋陽故宮
 世界文化遺産 (1991年)
 タイ アユタヤ
  (撮影 2009.04.12)
 ワット・プラ・シー・サンペットは、歴代のアユタヤ王朝の3人の遺骨がおさめられてた、3基の仏塔で有名です。そしてここは、アユタヤ王朝の初代ウートン王が、最初に王宮を建設した場所でした。しかし1426年に王宮は火災で焼失し、移転しました。  (るるぶ バンコク・アユタヤより
   スリランカ様式の仏塔を望む   
  
   
   
 アユタヤ遺跡 ”ワット・プラ・マハタート” を歩く
  
 
 ワット・プラ・マハタート
 世界文化遺産 (1991年)
 タイ アユタヤ
  (撮影 2009.04.12)
 ワット・プラ・マハタートは、14世紀を代表する重要な仏教遺跡です。1374年、3代王ポムラ・ラチャシラット1世がブッダの整骨を納めるために建立したとされています。2代目ラーメスアン王が建てたという説もあります。
 建設当時は、敷地中央に高さ44mの黄金の仏塔がそびえていたが、ビルマ軍の侵攻によって破壊されました。今では壊された仏塔や壁が残されるのみとなっています。   
(るるぶ バンコク・アユタヤより
   クメール様式の仏塔 ビルマ軍侵攻により破壊された仏像
  
  
   
   
 ベトナム 世界自然遺産 ”ハロン湾” クルージングを楽しむ
  
 
 ハロン湾
 世界自然遺産 (1994年)
 ベトナム
 クアンニン省ハロン市
  (撮影 2010.04.16)
 ハロン湾は、ベトナム北部、トンキン湾北西部にある湾です。クアンニン省のハロン市とその近郊に位置し、大小3,000もの奇岩、島々があります。漢字表記では”下龍湾”。伝承では、中国がベトナムに侵攻してきた時、龍の親子が現れ敵を破り、口から吐き出した宝石が湾内の島々になったと伝えられています。  (ウィキペディアより
(Size : 968KB)  海上マーケットの風景 港の観光船団
  
  
ss
   
 ベトナム ハロン湾 ”ティエンクン鍾乳洞” を歩く
  
 
 ハロン湾
 ティエンクン鍾乳洞
 世界自然遺産 (1994年)
 ベトナム
 クアンニン省ハロン市
  (撮影 2010.04.16)
 ハロン湾にあるティエンクン鍾乳洞は、1993年に発見され、1998年から一般に公開されています。鍾乳洞の入口までは、100段ほどのを急な階段を登り、洞窟内に入ります。
 洞窟内は美しくライトアップされています     (ウィキペディアより
    テェエンクン鍾乳洞の入口を望む ライトアップされた鍾乳洞内の様子です
  
  
  
Home                                                      Back
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止