Ver 8.0
  
 
 
e-aruki.com 
      ( 中華人民共和国 )
  
  
    
[画像] 世界文化遺産 シルクロード : 長安=天山回廊の交易路網   中国  トルファン ”交河古城” を訪れる
  

  
  
  
  
 
 
  
世界遺産シルクロード>   高昌古城    交河古城    大雁塔    小雁塔






 1.中国 トルファン 都市遺跡 ”交河故城” を訪れる (C05)
 
     
 交河古城
 (こうがこじょう)
 世界文化遺産
 「シルクロード : 長安=天山回廊の交易路網」
 (2014年に登録)

 中国 新疆ウイグル自治区 トルファン
 (撮影 2017.06.25)
 交河故城(こうがこじょう)は中華人民共和国、新疆ウイグル自治区トルファン市の西方11キロに位置する世界最大、最古級の版築で築かれた都市遺跡です。中国でただ一つ残る漢代からの都市遺跡でもあります。
 遺跡は柳葉形の台地上に位置し周囲は約30メートルの断崖に囲まれ自然の要害をなしています。遺跡の全長は約1650メートル、幅は最大で約300メートル、総面積は約38万平方メートルとなっています。紀元前2世紀に建設され、14世紀に戦火で焼け落ちました。

 交河故城は1961年3月4日、中華人民共和国国務院により第一批全国重要文化保護財に指定され、2014年にはシルクロード:長安-天山回廊の交易路網の構成資産として世界遺産リストに登録されています。   
(ウィキペディアより) 
(Size :    KB) 交河古城、ビジターセンターを望む 交河古城、遺跡を望む












作成中です

 (交河古城の歴史)

 交河古城は、紀元前2世紀以前に車師人が居住し、紀元前108年〜450年の間、車師前国の都でした。漢代には「戍巳校尉」がこの地に置かれていました。450年〜640年には高昌に属し、640年〜9世紀初めには唐の交川県に属し、西域の最高軍事機関である安西都護府が設置されていました(640年〜658年)。9世紀中葉には高昌回鶻の管轄下に入り、14世紀には戦火で破却されてしまいました。      
(ウィキペディアより)
 
   
 







  お気に入り写真




交河古城、広大な遺跡を望む






交河古城、遺跡を望む。広大な建築物です




交河古城、故城全体の縮尺模型です。古城入り口にあります






交河古城、遺跡を望む




交河古城、井戸跡を望む





交河古城、遺跡を散策する




交河古城、遺跡を望む。くりぬいて造られたとのことです






交河古城、遺跡を望む




気温43度、灼熱の交河古城を散策する






世界遺産シルクロード>   高昌古城    交河古城    大雁塔    小雁塔

  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止