Ver.4 

  e-aruki.com  
 
 日本の花の中を歩く
         (日本の四季・お花の中を歩く)
[画像]   日 本 の 花 の 中 を 歩 く  (No.1 〜 No.9)
黄色の ”彼岸花” 千葉 運河公園にて 
 
  
  
  
 東京 ”六儀園” の桜の中を歩く
 六義園(りくぎえん)
 東京都 都立庭園
 東京都文京区本駒込
  (撮影 2009.04.04)
 六義園は、徳川五代将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園であります。元禄8年 (1695) に加賀藩の旧下屋敷跡地を綱吉から拝領した柳沢は、約2万7千坪の平坦な土地に土を盛って丘を築き、千川上水を引いて池を掘り、7年の歳月をかけて起伏のある景観をもつ回遊式築山泉水庭園を造園しました。  (ウィキペディアより)   
(Size :   KB)  六義園 吹上茶屋を望む 六義園の”しだれ桜”
  
  
 東京 ”六儀園の夜桜” を観る
 六義園(りくぎえん)
 東京都 都立庭園
 東京都文京区本駒込
  (撮影 2009.04.04)
 六義園は、徳川五代将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園である。元禄8年 (1695) に加賀藩の旧下屋敷跡地を綱吉から拝領した柳沢は、約2万7千坪の平坦な土地に土を盛って丘を築き、千川上水を引いて池を掘り、7年の歳月をかけて起伏のある景観をもつ回遊式築山泉水庭園を現出させました。  (ウィキペディアより
(Size : 1,197KB)  内庭大門より、”シダレザクラ”を望む 六義園 夜のシダレザクラ”を望む
 千葉市川市 弘法寺(ぐほうじ)の ”伏姫桜” を歩く
 弘法寺(ぐほうじ)
 寺院
 千葉県市川市
  (撮影 2010.03.28)
 奈良時代の天平9年に行基によって真間山求法寺(ぐほうじ)として創建されたと伝えられています。弘仁13年の空海の来訪を機に名を真間山弘法寺(こうほうじ)と改めたとされている(寺に掲げられた「真間山」の額は空海の真筆とされている)。元慶5年には天台宗に改められる。鎌倉時代の建治3年、日常の養子・日頂により日蓮宗に改められたという。この時寺名も真間山弘法寺(ぐほうじ)になった。以後、下総中山(現在、千葉県市川市)の法華経寺とともに日蓮宗の拠点となった。
 また、太田道灌は寺内に茶室を寄贈し、徳川光圀や徳川吉宗も親しく参詣したと伝えられている。  (ウィキペディアより)
(Size :1,300KB)  推定樹齢400年 伏姫桜を望む 伏姫桜と祖師堂を望む
 環境省国民公園 ”新宿御苑の桜” を観賞する
 新宿御苑(しんじゅくぎょえん)
 環境省所管の庭園
 東京都 新宿区と渋谷区
  (撮影 2009.04.04)
 新宿御苑(しんじゅくぎょえん)はもともとは江戸時代に信濃高遠藩内藤家の下屋敷のあった敷地です。 1879年(明治12年)に新宿植物御苑が開設され、宮内省(現在の宮内庁)の管理するところとなりました。第二次世界大戦後は一般に公開され、現在は環境省管轄の国民公園として親しまれています。
 2006年(平成18年)に、「新宿御苑」の名を冠してから100周年を迎えています。  (ウィキペディアより)
(Size : 1,900KB)  宛内の風景(1) 宛内の風景(2)
 東京 ”小石川後楽園の紅葉” の中を歩く
 小石川後楽園(こいしかわこうらくえん)
東京都 都立庭園
 東京都 文京区後楽
  (撮影 2009.11.29)
 小石川後楽園(こいしかわこうらくえん)は、東京都文京区後楽一丁目にある都立庭園。江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた築山泉水回遊式の日本庭園(大名庭園)であり、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている。
  (ウィキペディアより)
(Size :   KB)  後楽園入り口の様子 園内の紅葉と風景
 東京 ”浜離宮(はまりきゅう)庭園の紅葉” の中を歩く
 浜離宮庭園
 東京都 都立庭園
 東京都中央区浜離宮庭園
  (撮影 2010.11.20)
 東京都立浜離宮恩賜庭園(とうきょうとりつ はまりきゅう おんし ていえん)は、東京都中央区浜離宮庭園にある都立庭園である。
 東京湾から海水を取り入れ潮の干満で景色の変化を楽しむ、潮入りの回遊式築山泉水庭。江戸時代に庭園として造成された。園内には鴨場、潮入の池、茶屋、お花畑、ボタン園などを有する。もとは甲府藩の下屋敷の庭園であったが、将軍家の別邸浜御殿や、宮内省管理の離宮を経て、東京都に下賜され都立公園として開園。  (ウィキペディアより)
(Size :   KB)  園内の風景(1) 園内の風景(2)
 千葉  ”清水公園(しみずこうえん)の紅葉” の中を歩く
 清水公園(しみずこうえん)
 自然公園(民営)
 千葉県野田市
  (撮影 2010.12.05)
 清水公園(しみずこうえん)は、千葉県野田市にある民営の自然公園です。 開園は、1894年(明治27年)4月で、株式会社千秋社が経営しています。 園内にあるフィールドアスレチックは日本最大級であり、特に池の上に作られた「水上コース」と、 世界初の噴水迷路のある公園です。
 また、室町幕府の足利義持の時代、 応永5年(1398)に京都・醍醐寺の修行僧であった宥秀上人によって開山されました「金乗院」 と300年前に建立され「仁王門」などがあります。  (ウィキペディアより)
(Size :   KB)  金乗院参道の仁王門 もみじの(谷)歩道
 千葉 運河水辺公園(うんがみずべこうえん) ”黄色の彼岸花” を鑑賞する
 運河水辺公園
 (うんがみずべこうえん)
 公園(国土交通省、流山市)
 千葉県流山市
  (撮影 2010.09.26)
 運河水辺公園は国(河川管理者)と流山市の共同事業として運河沿いの一部が整備された公園です。園内には明治41年に建立された利根運河碑、この運河を設計したオランダ人技師ムルデルをしのぶ石碑や珍しい浮き橋があります。
 また、同公園内には平成17年8・9月に約200人のボランティアの皆さんによって曼珠沙華が植栽されたものとのことです。今では桜と同様に、美しい花を咲かせています。  (ウィキペディアより)
(Size : 1,191KB)  公園内の風景 黄色い彼岸花
 園原 ”花桃の里” を歩く
 月川のはなもも
花桃の里(はなもものさと)
 南信州桃源郷
 長野県 下伊那郡阿智村 (あちむら)(旧清内路村)
  (撮影 2010.05.01)
 「花桃の里」は、阿智村園原にあります。旅館「月川」周辺と阿智川の両側沿いに1,000本ほどの花桃が植えられ、見事な景観をなしています。
 この園原の花桃の里づくりは、一人の男(渋谷氏)の熱い思い、10数本の植栽から始まり、今日に至っているとのことです。

 中央自動車道が貫いている「恵那山トンネル」の麓、園原ICの近くにこんなすてきな桃源郷がありました。
(Size : 1,630KB)  月川と花桃の風景 花桃の里の風景
 埼玉県熊谷市 ”熊谷桜堤” を散策する
 熊谷桜堤
 (くまがやさくらつつみ)
 日本さくら名所 100選
 埼玉県熊谷市
  (撮影 2014.04.05)
 熊谷桜堤 (くまがやさくらつつみ)は、埼玉県熊谷市の荒川北岸の堤防です。荒川大橋付近から下流約2kmの区間の名称で、観光名所となっております。約500本の桜(ソメイヨシノ)が植えられていて、毎年熊谷さくら祭が開催されています。堤は毎年花見客で賑わいを見せています。

 1990年(平成2年)には、日本さくら名所100選に選ばれています。 熊谷駅から徒歩5分というアクセスの良さも好評となっています。  (ウィキペディアより)

(Size : 2,046KB)  荒川河川敷のさくら風景 熊谷桜堤の風景
  
  
Home                                                      Back
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止