Top                                                      Back
 
 
 No.1  00万本の曼珠沙華(彼岸花) ”巾着田”             (埼玉県:日高市
 
 巾着田(きんちゃくだ)は埼玉県日高市の西部、高麗本郷の高麗川に囲まれた所にある巾着のような形をした平地です。9月~10月にかけて曼珠沙華(彼岸花)が見頃を迎えてたくさんの観光客が訪れます(「100万本の曼珠沙華」を標榜する)。さらに、春には桜や菜の花が見頃を迎える。秋になると、コスモスも見ることができます。 昔は水田が広がり、その面積は約17ヘクタール(17万平方メートル)に及んでいました。現在は、グラウンドなどが設備され、憩いの場となっていおります。 2005年から「巾着田曼珠沙華公園」として、入場料を徴収するようになりました。(巾着田管理協議会HPより)
 

   
 No.2  川岸を覆う 曼珠沙華(彼岸花)”
 巾着田は、日和田山から眺めると、巾着のように見えるので、古くからの俗称としてこの名が付けられました。土地の人は川原田と呼んでいます。
 普段は河原でのバーベキューやキャンプでにぎわう巾着田ですが、秋の彼岸の時期だけは風景が一変。川岸に沿って真っ赤な彼岸花の群生地があり、妖艶ともいうべき赤い花で巾着の袋にあたる川岸がぐるっと覆われます。
(日高市巾着田管理事務所HPより)
   
  
           拡大
  

   
 No.3  日本最大級の群生
 巾着田には曼珠紗華の美しい風景を求めて、たくさんの観光客が訪れるようになったことから、2005年より「巾着田曼珠沙華公園」として整備されました。巾着田にあった彼岸花の説明板によると、彼岸花は種ではなく球根から花を咲かせるタイプの花なので、群生するためには球根が一定の場所に集まらなければならないとのこと、上流から流れてきた球根が川の流れに乗って巾着田に行き着いたなど諸説あるようですが、長い時間をかけて自然が作り出した彼岸花の群生地としては、日本最大級の広さなので、見応えは十分です(日高市巾着田管理事務所HPより)
      



 No.4  清流高麗川 蛇行の形 ”巾着田” 
 
 日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。直径約500メートル、面積約22ヘクタールの川に囲まれた平地には、菜の花、コスモスなどの花々が咲き、中でも秋の曼珠沙華(まんじゅしゃげ)群生地は辺り一面が真紅に染まり、まるで赤い絨毯を敷き詰めたようです。毎年多くの人がその美しさに惹かれて訪れます。 (日高市巾着田管理事務所HPより)
 
  
  
 


 No.5  ”巾着田” 案内
 
  拡大
 
Yahoo地図より Yahoo地図より
 
 「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉があるように、日が過ぎるごとに暑さが和らいでいく9月。彼岸の頃に咲く彼岸花は、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれ、独特の形をした真っ赤な花が咲くことでも知られています。この彼岸花が群生して咲く場所が、荒川水系の高麗川(こまがわ)が市内を流れている巾着田です。西武鉄道 高麗(こま)駅の近くで大きくカーブを描いており、近くの山から見るとちょうど和装で小物を入れるのに使う巾着のような形をしています。地図を見ると巾着田の形がはっきりとわかります。

  Back
Copyright (c)  e-aruki.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁  (by Xinku Yingxing)