■Top         Ver.1*1 
           
 日本の花の中を歩く!  (第1集  No.3)  (2007年4月18日)
           
           
 戻る
       
閉じる 
Fukushima 「花見山」公園を歩く (福島県 : 福島市)
           
           
           
 
           
           
 朝のテレビ番組で「個人で造り上げた、個人所有の公園です」と実況放送をしていました、そしてこの公園を作り上げた安部氏がインタビューに答えていました。これはすごいらしい ということで出かけてみました。
  今までみたことも無い、めまいのするような花の臨場感に圧倒させられました。


※花木栽培を専業とする阿部氏が30年の歳月をかけて作りあげた公園です。春の梅、桜、桃、ハクモクレン、レンギョウと次々に見事な花を咲かせ続けています。
           
           
 
           
           
           
           
 1.桃源郷
 
 
 
           
           
           
  ●写真家故秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」
といって毎年訪れていたとのことです。
●ここでは、モモ、ウメ、サクラが一斉に咲く美しさです。
  
  
 
           
           
           
 2.花見山の付近
  
  
 
  
  
  
 
バス停から公園までの遊歩道です 公園の隣の山も見事に色づいています   
     
  花、花、花  花のお祭りです 
 
  
  
 
           
           
           
 3.花見山より、市内を望む
  
  
花の間から市内の風景が望めますです
  
           
 
           
           
           
 
           
           
           
 4.麓から、山頂から
  
  
  
 山道を一歩一歩踏みしめながら、感じたことは、この三十数年、どの位の労力と情熱ををかけたのでしょうか、個人で造り上げた公園とは思われません。
 
 
           
 
           
           
           
 5.菖蒲園にて
           
           
   最後に、すばらしい花山です。桜山や果樹園のお花畑とは、まったく趣きの違う花の欄舞です。日本にもこういうところが有ったのかとつくづく感じました。
  また近隣の山にも花がみられ、この付近一帯はどんどんとお花が増え続く感じです。また、時期を選んで行ってみたい場所です。
 
           
           
           
●拡大  
           
           
           
 
 
           
 
           
           
戻る
 
このページを閉じる