Ver 8.0
  
 
 
e-aruki.com 
      ( タ イ )
  
  
    
[画像] タイ ”バンコクの寺院” に参拝する
  
  
  
 
  
 
 
  
タイ遺跡めぐり(バンコク)>   王宮・エメラルド寺院   ワット・ポー   暁の寺  タイ古典舞踊  バンパイン宮殿  カンチャナブリ    



 1.タ・イ バンコク ”エメラルド寺院・王宮” に参拝する
 
     
     
 エメラルド寺院
(ワット・プラシーラッタナサーサダーラーム)
 仏教寺院
 タイ バンコク
 (撮影 2009.04.11)
  エメラルド寺院の正式名称はワット・プラシーラッタナサーサダーラーム(Wat Phra Sri Rattana Satsadaram)です。タイのバンコク・プラナコーン区にある仏教寺院で、王宮の敷地内にあります。本尊から、通称ワット・プラケーオ(Temple of the Emerald Buddha)で知られています。

 王宮の宮殿郡と接し、本堂にはエメラルド仏(プラ・ケーオ)が安置されています。王室専用の仏教儀式の場であるため僧侶がおらず、僧侶が生活する庫裏などの施設はありません。普段は観光地になっており、内外から毎日たくさんの旅行客が訪れています。 
   (ウィキペディアより)
(Size : 7,398KB) エメラルド寺院を望む エメラルド寺院、王宮にて


  お気に入り写真




エメラルド寺院にて




エメラルド寺院にて、入り口を守る鬼人像ハヌマーン(猿の神様)です 




エメラルド寺院本尊、エメラルド仏を望む。本堂の外から望遠で撮影したら偶然にも写っていました




エメラルド寺院、王宮にて。ラッキーなことに衛兵のパレードを見ることができました






 2.タイ バンコク ”ワット ポー” に参拝する
 
     
     
 涅槃仏(大寝釈迦仏)
 (ねはんぶつ)
 仏教寺院
 タイ バンコク
 (撮影 2009.04.12)
 ワット・ポー(「菩提の寺」の意)は、タイのバンコク・プラナコーン区にある王室寺院です。黄金に輝く巨大な涅槃仏があり、涅槃寺とも呼ばれる事もあります。正式名称はワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム=ラーチャウォーラマハーウィハーン(Wat Phra Chetuphon Vimolmangklararm)と長い名称となっています。

 ワット・ポーはバンコク最大で最も古くからある寺院です。敷地は約80,000m2の広さがあり、寺院の構造は2つに分かれ、本堂や図書室などを中心とする北部分と南に小道をはさんで南部分には庫裏があります。一般公開されているのは北側の部分のみとなっています。

 チャクリー王朝開始以来、王族の庇護を背景に成長してきました。敷地内の仏塔は王や王族の墓のようなものとなっています。また、タイで初めての市民大学としてタイの歴史、美術、文学、医学の知識を記録しています。
 中国の文化とタイの文化の混合様式の代表的な建築の一つとして知られ、仏塔には中国製の陶器の破片がはめられており、中庭では中国の様式を持った像などが飾られています。 
   (ウィキペディアより)
(Size : 7,398KB) ワット・ポー、境内を望む ワット・ポー、涅槃像(大寝釈迦仏)を望む


  お気に入り写真




ワット・ポー、涅槃仏(大寝釈迦仏)を望む




ワット・ポー本堂にて、本尊を望む




ワット・ポー、4色の大仏塔を望む。仏塔は歴代国王のお墓とのことです




ワット・ポー境内にて、小仏塔を望む






 3.タイ バンコク ”ワットアルン (暁の寺)” に参拝する
 
     
     
 ワットアルン(暁の寺)
 (わっとあるん あかつきのてら)
 仏教寺院
 タイ バンコク
 (撮影 2009.04.11)
 ワットアルンは、タイ王国のバンコクにある寺院です。チャオプラヤ川の川沿いにたたずむ姿はバンコクを代表する風景に数えられています。
 ワットアルンの正式名称はワット・アルンラーチャワラーラームです。ワットはお寺、アルンは暁の意味とのなっています。またワット・アルンは現在の10バーツ硬貨にも描かれています。三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台となり、日本人にも有名な寺院となっています。 
   (ウィキペディアより)
(Size : 7,398KB) チャオプラヤー川から見たワット・アルンを望む ワットアルン、大仏塔からの眺望です


  お気に入り写真




ターティアン船着場(チャオプラヤー川)からのワットアルンを望む




ワットアルン、仏塔への登りは物凄い急な階段になっています




ワワットアルン、大仏塔への登りの様子で




ワットアルンを支える像を望む。周りを含め見事な装飾です






 4.タイ バンコク ”ノパラット 古典舞踊” を鑑賞する
 
     
     
 ノパラット
 (のぱらっと)
 タイ古典舞踊
 タイ バンコク
 (撮影 2009.04.11)
 『ノパラット』は、バンコク中心部から車で約30分のところにある「タラート・バンコクスクエア」という船着場の敷地内にあり、食事とタイ古典舞踊を楽しめる場所となっています。

 古典舞踊の内容(内容は時期により異なります)は、 「歓迎の舞」、「扇子の舞」、「ラーマキエン物語」、「ラムウォンの踊り」など複数構成からなり、最後には観客もステージにあがりタイダンスを一緒に踊れます。また踊りの構成は時期により異なります。
 「ラーマキエン物語」の最中にはハヌマーンと呼ばれる白い猿が客席まで降りてきて観客と握手をしたり、抱きついたりというサプライズもあり、この間も写真を撮ることができます。約30分間のショーは飽きさせません。ショーの終了後は出演者たちと写真を撮ることもでき、タイ旅行の良い思い出作りになります。 
   (バンコクナビHPより)
(Size : 46948KB) ノパラット、古典舞踊(ディナーショー)の様子です 古典『ラーマキエン物語』の一場面です


  お気に入り写真




仏教をもとにした衣装でのタイダンスです




古典『ラーマキエン物語』の一場面です




仏教をもとにした衣装でのタイダンスです




仏教をもとにした衣装でのタイダンスとのことです







タイ遺跡めぐり(バンコク)>   王宮・エメラルド寺院   ワット・ポー   暁の寺  タイ古典舞踊  バンパイン宮殿  カンチャナブリ   

  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止