Ver 7.0
  
 
 
e-aruki.com 
     ( ブラジル連邦共和国 )
  
  
    
[画像]  ブラジルの都市・観光地を訪れる
  
  
  
  
  
 
 
  



 1.サンパウロ ”メトロポリターナ大聖堂” を訪れる
 
 サンパウロ
 メトロポリターナ大聖堂
 キリスト教会
 ブラジル
  サンパウロ
 (撮影 2015.06.09)
 サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂はサンパウロを象徴するセー広場にあります大聖堂です。

 「カテドラル・ダ・セー」と呼ばれる大聖堂は、南米最大級の教会で、収容人数は約8千人を誇ります。大きなルネサンス様式のドームとゴシック様式の塔が目を引く、サンパウロのシンボルの1つとなっています。

 この大聖堂の建築には、800トン以上の大理石が使われたそうです。内部へ入ると、ドーム型の高い天井へと伸びる巨大な柱がまず目に入ります。窓はステンドグラスで彩られ、ブラジルの太陽が差し込むと、白い柱が美しく色づきます。また、イタリアから船で持ち込まれた南米最大級のオルガンや精密なモザイク画、数多くの彫像も見ることができます。特に信者でなくても厳かな気持ちになる場所です。
      (エイビーロード HPより)
(Size :    KB)    メトロポリターナ大聖堂を望む メトロポリターナ大聖堂、内部を望む


1.”サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂”にて
1.”サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂”を望む






 2.サンパウロ ”東洋人街(旧日本人街)”を散策する
 
 サンパウロ 
 東洋人街(旧日本人街)
 都市
 ブラジル
  サンパウロ
 (撮影 2015.06.09)
 東洋人街(旧日本人街、リベルダージ)はブラジルのサンパウロ市中心地に隣接する日本人街の地区です。

 サンパウロには日系ブラジル人の約70%、約100万人が在住しています。ホンダやトヨタ自動車、東芝、東京海上日動、コマツなど、様々な業種の日本企業が数百社進出しております。またサンパウロ日本人学校などがあり、日本との縁が非常に深い都市となっています。
 そのサンパウロ市の中心部に隣接するリベルダージ地区には、第二次世界大戦前後より日本人街が形成されており、中心部を貫くガルボン・ブエノ街の入口に鳥居や大阪橋があり、また、中心部にも小さな日本式庭園が設置され、地区全体の街灯が鈴蘭の形をしているなど、随所に日本らしさを取り入れた街づくりがされています。現在ではアメリカのロサンゼルスの日本人街として有名なリトル・トーキョーと並び、名実共に世界最大規模の日本人街となっています。
 なお元々は「日本人街」と呼ばれていましたが、日系ブラジル人の現地への同化が進むとともに日本人の人口が減少し、それと入れ替わるように中国人や韓国人の移民が多く転入して来た事により混住が進んだことから、2004年に正式に「日本人街」から「東洋人街」へと改名されました。しかし、依然として街づくりや人口・店舗の比率では日本人街のころの面影が強く残っています。      (ウィキペディアより)
(Size :    KB)    サンパウロ ”東洋人街(旧日本人街)”を望む 東洋人街、”日本庭園”を望む


2.サンパウロ ”東洋人街(旧日本人街)”を望む






 3.ブラジル ”サンパウロ市街”を散策する
 
 サンパウロの街並み
 世界の都市
 ブラジル
  サンパウロ
 (撮影 2015.06.09)
 サンパウロ(Sao Paulo)は、ブラジル南東部に位置する都市で、サンパウロ州の州都です。人口は1,100万人以上。ブラジルのみならず、南半球最大のメガシティとなっています。2016年の都市圏人口(近郊を含む)は2,060万人で、世界第10位、南半球では第1位となっています。
 イタリア系やポルトガル系、スペイン系、ドイツ系、シリア系、レバノン系、ユダヤ系、日系の人口が特に多い他、最近では韓国などのアジア諸国からの移民が増えています。

 「サンパウロ」は、ポルトガル語でキリスト教における聖人の1人である「聖パウロ」の意味で、漢字では、「聖市」と表記されています。      (ウィキペディアより)
(Size :    KB)    車窓より、サンパウロ市街を望む サンパウロ イビラプエラ公園,、バンデイランテス記念像を望む


3.ブラジル サンパウロにて

3.サンパウロ イビラプエラ公園、バンデイランテスの記念像を望む。(植民地時代にブラジル奥地を探検したバンデイランテスの像)






 4.サンパウロ ”アイルトンセナのお墓” を訪れる
 
 FIドライバー
 アイルトンセナのお墓
 霊園
 ブラジル
  サンパウロ
 (撮影 2015.06.09)
  アイルトン・セナ・ダ・シルバ(Ayrton Senna da Silva, 1960年3月21日 - 1994年5月1日)は、ブラジル人の元レーシング・ドライバーです。F1世界選手権において、1988年・1990年・1991年と、計3度ワールドチャンピオンを獲得した名ドライバーです。
 時代を代表するドライバーの1人とされ、特に計65度のPP獲得数は、2006年にミハエル・シューマッハに更新されるまで歴代1位でした。

 1994年5月1日、セナはサンマリノGPで事故死しました。
 セナの亡骸がイタリアから母国ブラジルに搬送された際には、100万人以上のブラジル国民が沿道に会して、その亡骸を迎えたとのことです。

 ブラジル政府は、セナの命日に当たる5月1日を交通安全の日と制定しています。      (ウィキペディアより)
(Size : 2859KB)  サンパウロ市モルンビー墓地”アイルトンセナのお墓”への入口です お花に飾られた ”アイルトンセナのお墓”です。合掌


4.サンパウロ市のモルンビー墓地、”アイルトンセナのお墓”にお参りする。手前のお花のところがお墓です。






 5.ブブラジル イグアス国立公園 ”イグアスの滝” を楽しむ(1)
 
 ブラジル イグアス国立公園
 世界自然遺産
 (1986年登録)

 ブラジル連邦共和国
 パラナ州   
  (撮影 2015.06.08)
 ブラジルのイグアス国立公園は、パラナ州にあり、1939年に設定された国立公園です。 イグアスの滝があることで知られています。滝はアルゼンチンにもまたがっているため、アルゼンチン国内にも「イグアス国立公園」が存在しています。特に鳥類などの野生生物が多く生息し、5種の森林と生物系が同じ国立公園内に同居する世界的にも珍しい場所となっています。

 1986年にユネスコの世界遺産に登録されています。アルゼンチンのイグアス国立公園は既に1984年に登録されていたが、それの拡大登録ではなく、別の物件として扱われています。  (ウィキペディアより)
(Size : 2,831KB)      ブラジル側より、”イグアスの滝”望む ブラジル側展望橋より、”悪魔の喉笛”を望む


 6.ブラジル イグアス国立公園 ”イグアスの滝” を楽しむ(2)
 
 ブラジル イグアス国立公園
 世界自然遺産
 (1986年登録)

 ブラジル連邦共和国
 パラナ州   
  (撮影 2015.06.08)
 ブラジルのイグアス国立公園は、パラナ州にあり、1939年に設定された国立公園です。イグアスの滝があることで知られていますが、滝はアルゼンチンにもまたがっているため、アルゼンチン国内にも「イグアス国立公園」があります。特に鳥類などの野生生物が多く生息し、5種の森林と生物系が同じ国立公園内に同居する世界的にも珍しい場所になっています。

 イグアスの滝(イグアスのたき)は、南米大陸のアルゼンチン (80%)とブラジル(20%)の二国にまたがる、世界最大の滝です。イグアス (Iguazu) とは先住民のグアラニ族の言葉で大いなる水という意味とのことです。

 アメリカのT.ルーズベルト大統領が夫妻で訪れた際、イグアスの滝を見た夫人が「かわいそうなナイアガラよ」と言った話は有名な話になっています。     (ウィキペディアより)
(Size : 2,009KB)     ブラジルより、”イグアスの滝”を望む イグアスの滝、ブラジル展望橋を望む


5.ブラジル イグアス国立公園 ”イグアスの滝” を望む

5.ブラジル イグアス国立公園 ”イグアスの滝 展望台” を望む
5.ブラジル イグアス国立公園 ”イグアスの豪快な滝” を望む

5.ブラジル イグアス国立公園 イグアスの滝で見つけた 蝶 です

5.ブラジル イグアス国立公園 ”イグアスの滝” を望む。正面はアルゼンチンになります
 


  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止