Ver 8.0
  
 
 
e-aruki.com 
      ( エジプト共和国 )
  
  
    
[画像] エジプト考古学博物館(カイロ) ”ツタンカーメンの宝 (1)” を鑑賞する
  
エジプト考古学博物館ツタンカーメンコーナー、カノープスの厨子と厨子を守る女神を望む  
  
 
  
 
 
  
 <エジプト世界遺産>   アブシンベル神殿    ピラミッド    古代都市テーベ    カイロ
カツタンカーメンの宝(2)へ



 1.エジプト考古学博物館 ”ツタンカーメンの宝” を鑑賞する
 
     
     
 ツタンカーメンの宝
 (つたんかーめんのたから)
 エジプト考古学博物館
 エジプト カイロ市
 (撮影 2016.11.24)
 ツタンカーメンは第18王朝、11代目の王(即位BC1336〜BC1327)です。父はアマルナに遷都し、アテン神信仰を推し進めたアクエンアテン、母は第二夫人キヤではないかといわれています。
 父クエンアテンの死後、9歳で王に即位、アメン神信仰に戻し、名前もトゥタンクアテンからトゥタンクアメン(ツタンカーメン・アメン神の生きる姿)に変え、首都をメンフィスに戻しています。若い王を宰相アイと軍司令官ホルエムヘブが補佐し、父親の代で弱体化したエジプトの立て直しを図っています。

 ツタンカーメンは、17歳で亡くなったことから暗殺の噂がありますが、死因については様々な説があります。 
 死後、アテン神信仰を異端とみなし、アクエンアテンからツタンカーメン、アイまでの名前が王名表から削除されました。そのため、長い間この王の存在が忘れられ、結果的に盗掘を免れることとなったといわれています。 
   (ウィキペディアより)
(Size : 6,105KB) ”ツタンカーメンの等身大の木像”を望む
黒いニスが塗られ、部分的に金箔が張られています
ツタンカーメン、二枚扉の厨子に描かれている絵です






 2.ツタンカーメン ”第一の厨子および第二の厨子” を望む
< ツタンカーメンの宝 >

 1922年、イギリスの考古学者ハワード・カーター卿によって、ツタンカーメン王の墓が発見されました。それは、それまでに例のない略奪にあっていない完全な墓でした。20世紀最大の発見とされています。

 墓の中からは、2500点にのぼる遺品が見つかりました。その多くは金、象牙、銀、アラバスター、木で作られていました。遺体は石棺の中に何重もの内棺に包まれ、そこに使われていた純金は悠に110キログラムを超していたといわれています。遺品には荘厳な魅力と見事な芸術品としての素晴らしさがあります。

 今日それはカイロのエジプト考古学博物館の2階及び2階特別室に展示されています。2階特別室は撮影禁止ですので、一般展示されています写真を掲示しています。
 
ツタンカーメン、第二の厨子を望む
ツタンカーメン、第一の厨子を望む ツタンカーメン、第二の厨子正面を望む。
扉は半開きですが中は暗くてよく見えませんでした
   
ツタンカーメン、第二の厨子壁面のアップです。女神の美しさが引き立ちます
ツタンカーメン、第一の厨子を望む ツタンカーメン、第二の厨子を望む。
左奥に見えるのが、第二の厨子です
ツタンカーメン、第二の厨子壁面を望む
 

ツタンカーメン、第二の厨子を望む

美しい文様です
 3.ツタンカーメン ”カノープスの厨子(二枚扉の箱)” を望む
< カノープスの厨子(ちゅうし)について >

 カノープスの厨子(ちゅうし)と呼ばれる二枚扉の黄金の箱の中には、王の内臓を入れたカノープスの壺(下写真参照)がおさめられていました。

 厨子の4つの側面には、それぞれひとりずつ女神が立っています。
    ・ネフティスは死者の「肺」を守り、
    ・ネイトは「胃」を守り、
    ・イシスは「肝臓」を守り、
    ・セルケトは「腸」を守っています。

心臓だけは、死者の体内に残さなければならないとされていたため、取り出されていないとのことです。   
           
カノープスの厨子(ちゅうし)を望む。女神は何とも愛らしい容姿でした
カノープスの厨子、厨子の壁面と厨子を守る女神です カノープスの厨子、厨子を守る女神の横顔です
厨子を守る女神を望む、顔立ちは4人微妙に違って見えました
 
カノープスの厨子の最上部を望む カノープスの厨子の上部を望む カノープスの厨子の上部のアップです
 
カノープスの厨子、厨子を守る美しい女神です
 






 4.ツタンカーメン ”カノープスの壺” を望む
 

ツタンカーメン、カノープスの壺を望む
 カノープスの壺は、雪花石膏の容器の中に、4人のツタンカーメンが顔を突き合わせて鎮座しているように見えます。このカノープスの壺は、ツタンカーメンの遺体をミイラ化する前に取り除いた内臓を納めるものです。古代エジプト人は、王が死後の世界で生きるのに内臓が必要だと考えていました。王の頭が壺の蓋になっています。
 
カノープスの壺を望む(1) カノープスの壺を望む(2)
   
カノープスの壺を望む(3) カノープスの壺を望む(4)
エジプト考古学博物館、ツタンカーメン展示コーナーにて
 5.ツタンカーメン ”葬儀用ベッド” を望む
 
ツタンカーメン、葬儀用のベッドを望む(1)
 
ツタンカーメン、葬儀用のベッドを望む(2) ツタンカーメン、葬儀用のベッドを望む(3)
ツタンカーメン、葬儀用のベッドを望む(4) ツタンカーメン、葬儀用のベッドを望む(5)
   
ツタンカーメン、葬儀用のベッドを望む(6)
ツタンカーメン、葬儀用のベッドを望む(7)

 エジプト考古学博物館2階、ツタンカーメンコーナーを望む
ツタンカーメン、葬儀用のベッドを望む(8)
   
 






 6.エジプト考古学博物館 ”ツタンカーメン コーナー” にて
 

ツタンカーメン、アヌビスの像を望む

アヌビスは犬またはジャッカルの頭をもつ神で、死者の魂をあの世に導くと言われています。ミイラづくりの神でもあり、墓を守ってくれると考えられています
 
 
エジプト考古学博物館、ツタンカーメン展示コーナーにて ツタンカーメン、二輪戦車を望む
ツタンカーメンの二輪戦車を望む ツタンカーメンコーナーにて ツタンカーメンの二輪戦車の所に飾られています アヌビスの像を望む
ツタンカーメンの二輪戦車を望む

ツタンカーメンの二輪戦車は、墓に納められる前に解体されていましたが、カイロのエジプト考古学博物館に展示されるために再び組み立てられました
 7.ツタンカーメンの ”装飾品” 一般公開されているものです
 
 エジプト考古学博物館2階、ツタンカーメンコーナーにて
 
 
 ツタンカーメンコーナーにて(1)  ツタンカーメンコーナーにて(2)
 ツタンカーメンコーナーにて(3)  ツタンカーメンコーナーにて(4)  ツタンカーメンコーナーにて(5)
   
 ツタンカーメンコーナーに掲示されています
ツタンカーメンコーナーにて(6) ツタンカーメンコーナーにて(7) エジプトの学生さんと ツタンカーメンコーナーにて(8)
google地図より google地図より(■カーソルセットで写真表示) google!地図より(■カーソルセットで写真表示)
   
 
  (後 記)  
       
   ツタンカーメンは、前日に王家の谷でお墓を見学しました。お墓の規模は他の王と比べこじんまりとした感じでした。

 エジプト考古学博物館で見るツタンカーメンの遺品の多さには驚かされました。お墓のどこにこれだけの量の遺品があったのだろうかと思ってしまいました。そして黄金に覆われた数々の遺品にはただただ驚かされるばかりでした。

 ツタンカーメン王でさえこのような大規模の遺品です。ラムセス2世クラスの王になるとどんなものだったのだろうか、我々には想像できないほどの遺品があったののだろう。過去に戻ってみてみたい。想像・妄想は尽きないエジプト考古学博物館でした。    

 ツタンカーメンのお墓の奥の空洞には何があるのでしょうか、早く解明されることを期待しています。  (2017.6.05)

 
     
 エジプト考古学博物館2階、ツタンカーメンコーナーにて
エジプト考古学博物館を望む







  お気に入り写真




エジプト考古学博物館、ツタンカーメンコーナーの第二の厨子を望む




エジプト考古学博物館、ツタンカーメンコーナーのカノープスの厨子を望む




エジプト考古学博物館、ツタンカーメンコーナーの第二の厨子のアップ写真です




エジプト考古学博物館、ツタンカーメンコーナーの第一の厨子のアップ写真です



イエジプト考古学博物館、ツタンカーメンの二輪戦車を望む







 <エジプト世界遺産>   アブシンベル神殿    ピラミッド    古代都市テーベ    カイロ
カツタンカーメンの宝(2)へ

  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止