Ver 8.0
  
 
 
  ( ブラジル連邦共和国 )
  
  
    
[画像] サンパウロ  ”アイルトン・セナのお墓” を訪れる
  

  
  
  
  
 
 
  
サンパウロ>  サンパウロ大聖堂  東洋人街  サンパウロ市内  セナのお墓  






 1.ブラジルの英雄 ”アイルトン・セナのお墓” を訪れる
 
     
 アイルトン・セナ・ダ・シルバのお墓
 (サンパウロ モルンビ墓地)
 英雄のお墓
 ブラジル サンパウロ州 サンパウロ モルンビ墓地
(撮影 2015.06.09)

 アイルトン・セナ・ダ・シルバ(Ayrton Senna da Silva, 1960年3月21日 - 1994年5月1日)は、1960年、ブラジル・サンパウロの裕福な家庭に生まれました。ファミリーネームは「ダ・シルバ」で当初はこの姓を使っていましたが、後に母方のファミリーネームである「セナ」を名乗っています。
 幼いころからエンジン付きカートを与えられ、才能を磨いていったとのことです。

 1984年、トールマン・ハートよりF1デビュー。弱小チームでありながらもデビュー2戦目の南アフリカGPで6位となりいきなりのポイントをゲットしました。

 アイルトン・セナ・ダ・シルバは、F1世界選手権において、1988年・1990年・1991年と、計3度ワールドチャンピオンを獲得しました。

   (ウィキペデアより)   
(Size : 3,967KB) セナの眠るモルンビ墓地にて アイルトン・セナの墓碑です







 2.アイルトン・セナのお墓にお参りする
【 セナの事故死について 】

 セナが事故死した1994年5月1日にはサンパウロにてサッカー・サンパウロFC対パルメイラスの試合が開催されていました。開催者はこの試合開始直後に試合を止め、セナの死去をアナウンス、黙祷を行いました。当日のレースのテレビ中継を担当していたブラジルのテレビ局は事故後、一日以上セナ関連の番組を放送し続け、事故を掲載した新聞、雑誌は即日完売、葬儀を放送したテレビ番組の視聴率は60%を超えたとのことです。またブラジルにとっては英雄の死であったため、国葬が行われました。


 <ホンダエンジン搭載車でのセナの記録>

 セナは1987年はロータス、1988 - 1992年はマクラーレンで通算6年間ホンダエンジン搭載車でドライブしました。

  〇ドライバーズタイトル3回 1988、1990、1991年と全てマクラーレン・ホンダ時代に獲得
  〇優勝通算41回中32回 自身の全優勝の78%がホンダエンジンで優勝
  〇PP通算65回中46回 自身の全PPの70%がホンダエンジンでの記録
  〇FL通算19回中14回 自身の全FLの74%がホンダエンジンでの記録
  〇通算ポイント614点中435点 自身の通算ポイントの71%がホンダエンジンでの記録

ドライバーズタイトル、優勝、PP、FL、通算ポイントといずれもホンダエンジンのドライバー別通算記録の中で最多記録となっています。      
(ウィキペディアより))

 


アイルトン・セナの墓碑です。沢山のお花で埋め尽くされていました
アイルトン・セナ 音速の貴公子 栄光の軌跡展
(AUTO SPORT HPからのコピーです)
アイルトン・セナのモナコグランプリのオンボードカメラの映像とのことです
(BUZZ-NET HPからのコピーです)
   
google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)
 







  お気に入り写真




サンパウロ、モルンビ墓地の入口です






モルンビ墓地のほぼ中心にあります、アイルトン・セナの眠る墓碑を望む




サンパウロ、モルンビ墓地にて







サンパウロ、モルンビ墓地を望む




セナの墓碑を望む。沢山のお花で埋め尽くされていました




墓碑銘は「NADA PODE ME SEPARAR DO AMOR DE DEUS=神の愛は永久に我が身に降り注ぐ」と書かれているとのことです







モルンビ墓地に咲いていた桜のお花です




沢山のお花で埋め尽くされた、セナの墓碑です。今も人気のすごさが伝わってきます






セナのお墓には沢山の日本人がお参りに来るとのことです。自分はホンダエンジンの車に乗ったセナの大ファンでした






サンパウロ>  サンパウロ大聖堂  東洋人街  サンパウロ市内  セナのお墓  

  
  
  
    Home  Back
  
Copyright e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止