Ver 8.0
  
 
 
  ( ブラジル連邦共和国 )
  
  
    
[画像] サンパウロ  ”サンパウロ大聖堂” を訪れる
  

  
  
  
  
 
 
  
サンパウロ>  サンパウロ大聖堂  東洋人街  サンパウロ市内  セナのお墓  






 1.サンパウロの象徴 ”サンパウロ大聖堂(サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂)” を訪れる
 
     
 サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂
 (サンパウロ大聖堂)
 キリスト教 教会
 (ローマカトリック教会)
 ブラジル サンパウロ市
(撮影 2015.06.09)
  サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂は、南米最大級の教会で、収容人数は約8千人を誇ります。大きなルネサンス様式のドームとゴシック様式の塔が目を引く、サンパウロのシンボルの1つです。イタリアを中心とした欧州の影響の強いローマンカトリックの教会ですが、内部には、緑色と黄色の大理石の組み合わせがあったり、ブラジルの動植物のモチーフがあったりと、ブラジルらしさをみることもできる協会です。
 聖堂は、1913年、コロニアル聖堂の跡地に建設されることになりましたが、世界大戦の影響もあって作業はなかなか進まず、40年以上もの歳月を経た1954年1月25日、サンパウロ市の400周年を記念して、2つの塔が未完のままオープンしました。ゴシック様式の塔が完成したのは1967年のことだそうです。更に、2000年から3年をかけてリフォームが行われました。この時に、教会内から発見されたオリジナルの設計図に基づいてファサードなどに手を加え、現在の姿に至るそうです。
   (エイビーロードHPより)   
(Size : 4,318KB) サンパウロ大聖堂内部を望む サンパウロ大聖堂を望む







 2. ”サンパウロ大聖堂(サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂)” にて

  【サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂(サンパウロ大聖堂)について】

 サンパウロの旧市街(セントロ)にあるセー広場。ここは、「マルコ・ゼロ」と呼ばれるサンパウロの方位起点を示す六角柱が置かれ、サンパウロの中心となっています。
 このセー広場に、「カテドラル・ダ・セー」と呼ばれるサンパウロ・メトロポリターナ大聖堂があります。南米最大級の教会で、収容人数は約8千人を誇ります。

 聖堂の建築には、800トン以上の大理石が使われているとのことです。内部へ入ると、ドーム型の高い天井へと伸びる巨大な柱がまず目に入ります。窓はステンドグラスで彩られ、ブラジルのまぶしい太陽が差し込むと、白い柱が美しく色づきます。また、イタリアから船で持ち込まれた南米最大級のオルガンや精密なモザイク画、数多くの彫像があります。なお、12時と18時には、61の鐘の音色を聞けるとのことです。      
(エービーローHPより)

サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂、内部を望む
   
google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)
 







  お気に入り写真




サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂への入口です。聖人などの彫刻をすごい




サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂を望む。収容人数は8,000人ほどの巨大さです






サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂、祭壇を望む







サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂、美しいステンドグラスを望む




大聖堂のドーム型の高い高い天井を望む(ズームアップしています)






大聖堂内のステンドグラスを望む(1)






大聖堂内のステンドグラスを望む(2)









大聖堂内の巨大な柱を望む







大聖堂内の精密なモザイク画とステンドグラスを望む







イタリアから船で持ち込まれた”南米最大級のパイプオルガン”を望む。12,000 本のパイプを持つとのことです




大聖堂入口より、セー広場を望む






サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂を望む






サンパウロ大聖堂、セー広場の風景です。どこの国のこどもたちも可愛い。みんな一生懸命に先生の話を聞いていました






セー広場より、サンパウロ大聖堂を望む




サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂、ゴシック様式の塔を望む






サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂より、セー広場を望む。整然と並んでいるヤシの木が美しい






大聖堂のセー広場には課外授業の子供たちが訪れていました






サンパウロ・メトロポリターナ大聖堂前の歩行者用の信号機です。シャレていますよね






サンパウロ>  サンパウロ大聖堂  東洋人街  サンパウロ市内  セナのお墓  

  
  
  
    Home  Back
  
Copyright e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止