Ver 8.0
  
 
 
e-aruki.com 
( 大 韓 民 国 )
  
  
    
[画像] 韓国  済州島  ”サングムブリ噴火口” を訪れる
  

  
  
  
  
 
 
  
済州島 >  三姓穴  サングムブリ  民俗村  ウェドルゲ(チャングム・オールイン)  島内観光  済州島の食事  






 1.韓国 済州島 ”サングムブリ噴火口” を訪れる
 
     
 サングムブリ
 (さんぐむぶり)
 韓国
 観光地

 韓国 済州市
(撮影 2009.12.23)
 サングムブリは、天然記念物に指定され、緑に覆われた済州島の噴火口です。
 火山島である済州島(チェジュド)には、小規模のオルム(済州島の方言で寄生火山という意味)が360ヶ所近くあります。その中でも大型オルムに分類されるサングムブリは、漢拏山(ハンラサン)の東側の平地に位置する噴火口です。大きな穴がぽっかりとあいたような独特な形をしており、直径650メートル、深さ100〜146メートル、周囲が2,070メートルにも達し、天然記念物第263号に指定されています。
 また、噴火口周辺にはススキやコスモス畑が広がり、秋には美しい景観を見ようと多くの観光客が訪れます。  (コネストHPより)   
(Size :    KB) サングムブリより、漢拏山(ハンラサン)を望む サングムブリ噴火口を望む







作成中です

  【 サングムブリの見どころ 】

 サングムブリを空から眺めると、人工的に造られた円形運動場のように見えます。植物の種類が多様で、北側は暖帯性の樹木(アカガシ、ホオノキなど)と希少植物のフユイチゴが生えています。噴火口の南側の斜面には温帯林の代表的な樹木(アカシデ、カエデなど)が森をつくっています。限定された空間である噴火口の中に、それぞれ違う性質の樹木が共存しており、学術的にも注目を集めています。
 また、サングムブリでは石で作られた入口と壁、噴火口などが見どころとなっています。   (韓国観光公社より)

   

 
   







  お気に入り写真




サングムブリより、漢拏山(ハンラサン)をの望む。もやっているためハンラサンは霞んでいました






サングムブリ展望台にあります案内碑です。日本語版もあります。嬉しいことです




サングムブリの石で作られた入口と壁です






降雪のあと展望台を目指します






サングムブリり、展望台が見えてきました。右側が噴火口になります




展望台より、漢拏山(ハンラサン)方面を望む






展望台より、噴火口跡を望む




ススキの名所サングムブリ、ススキの中を売店・駐車場に向かいます






サングムブリにて






サングムブリにて、いろいろな形の溶岩が展示されています





樹木を溶岩がおおい、樹木が燃えて無くなった後です。木の跡が円柱状の空洞になっています




サングムブリ、入口の門を望む






サングムブリの入口門です






< 済州島 >  三姓穴  サングムブリ  民俗村  ウェドルゲ(チャングム・オールイン)  島内観光  済州島の食事  

  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止