Ver 8.0
  
 
 
e-aruki.com 
( 大 韓 民 国 )
  
  
    
[画像] 韓国  済州島  ”三姓穴” を訪れる
  

  
  
  
  
 
 
  
< 済州島 >  三姓穴  サングムブリ  民俗村  ウェドルゲ(チャングム・オールイン)  島内観光  済州島の食事  






 1.韓国 済州島のパワースポット ”三姓穴” を訪れる
 
     
 三姓穴
 (さんせいけつ)
 韓国
 済州島 聖地

 韓国 済州市
(撮影 2009.12.22)
 三姓穴(サムソンヒョル)」は、済州島(チェジュド)のルーツである耽羅(タムナ)の国を創始した三神人が現れたと言われる聖地です。三神人が出現したとされる穴の跡をはじめとして、4,000年以上前の済州神話に関係した遺物が数多くあります。展示館では三神人と関連する遺跡地の模型や遺物の展示と共に三姓穴の神話を15分ほどのアニメで紹介する日本語解説つきの映写室もあります。たくさんの木々に囲まれたひっそりとした風景からは、聖地の神秘的な雰囲気を感じとることが出来ます。すぐそばに済州島民俗自然史博物館もあります。  (コネストHPより)   
(Size :    KB) 三姓穴を望む。三姓始祖の生まれたところです 三姓穴、三聖門を望む。門の奥は三聖殿になります







作成中です

  【 三姓穴の神話 】

 三姓穴の言い伝えは、三姓穴から高乙那(コウルナ)、良乙那(ヤンウルナ)、夫乙那(ブウルナ)の三神人が生まれ、狩りをして暮らしていました。ある日、五穀の種を持ってきた碧浪国(ピョンナングッ)の三王女を迎え入れてから、農業が盛んになり、耽羅王国へ発展していったと伝えられています。   (コネストHPより)

   

 
   







  お気に入り写真




三姓穴を望む。石柱の中には3つの穴があります (◆カーソルセットで案内板が表示されます)






三姓穴、三聖殿を望む。三聖殿は1698年の建立です




三姓穴への入口です






三姓穴、門より入口を望む






三姓穴、内部に入ります




三姓穴にて






三姓穴(サムソンヒョル)を理解する為の展示館です。三姓穴の由来、歴史などを紹介するビデオが上映されます




三姓穴にて






三姓穴を望む。三姓穴は静かな森の中にあります






三姓穴の案内板です。(◆カーソルセットで日本語版が表示されます)






三聖門のアップです




三聖門、焚香所と三聖殿を望む






三姓穴、入口付近の様子です。正面はお土産屋さんです






< 済州島 >  三姓穴  サングムブリ  民俗村  ウェドルゲ(チャングム・オールイン)  島内観光  済州島の食事  

  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止