Ver 8.0
  
 
 
e-aruki.com 
  ( 中華人民共和国 )
  
  
    
[画像] 中国  砂漠の街 敦煌  ”鳴砂山” を散策する
  

 鳴砂山、砂丘を覆うラクダです。ラクダの多さに驚かされました 
  
  
  
 
 
  
シルクロード>  新疆博物館  ウルムチバザール  天地  カレーズ  ベゼクルク千仏洞  火焔山  ウルムチ〜敦煌  
敦煌散策> 月牙泉  鳴砂山  敦煌市内   <西安散策> 






 1.中国 敦煌 ”鳴砂山(めいささん)” を訪れる
 
     
 鳴砂山
 (めいささん)
 中国 観光地
 中国甘粛省 敦煌市
 (撮影 2017.06.26)
  鳴砂山は、中国の甘粛(かんしゅく)省敦煌市の市街から南5kmにある、広大な砂山です。「神沙山」と呼ばれていましたが、風が吹くと音をたてるので「鳴沙山」と呼ばれるようになったとのことです。

 『史記』には、「天気がいいときは、音楽を奏でているようだ」と記載されています。
 鳴砂山は、すべて砂が堆積してできたものです。東西の長さは約40km、南北の幅は約20kmあり、山峰は険しく、最高峰は250mです。山腹に水波状の砂紋があり、昼夜の温度差が激しく、日中は砂が熱くて登れない。そのため、市内からのツアーは日没に合わせて組まれているとのことです。   (コトバンクより)   
(Size :    KB) 鳴砂山を望む
鳴砂山、ラクダを望む







作成中です

  【「鳴沙山」について】

「鳴沙山」は東西に約40q、南北に20qの広大な場所にある砂の山々で、その山の砂が鳴ることから名前がついたと言われています。

 
   
 







  お気に入り写真




鳴砂山、案内碑を望む。後方には見事な砂丘が広がっています





鳴砂山、観光用ラクダを望む。ラクダの大群を初めて見ました




鳴砂山観光の入口です






鳴砂山を望む




鳴砂山、観光用ラクダの乗り場所です。この奥に驚くほどのラクダがいました






ラクダに乗る緊張の瞬間です






鳴砂山をラクダに乗って進みます




鳴砂山、ラクダでの砂丘歩きを楽しみます。風が吹くと砂地獄の観光とのことです






鳴砂山、ラクダの上からの写真です






鳴砂山、ラクダで砂丘観光を楽しみます






鳴砂山、お土産売り場の様子です




鳴砂山、ラクダでの砂丘散策です。10分もするとラクダ乗りも快適になります






鳴砂山の風景です






シルクロード>  新疆博物館  ウルムチバザール  天地  カレーズ  ベゼクルク千仏洞  火焔山  ウルムチ〜敦煌  
敦煌散策> 月牙泉  鳴砂山  敦煌市内   <西安散策> 

  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止