Ver 8.0
  
 
 
e-aruki.com 
  ( 中華人民共和国 )
  
  
    
[画像] 中国  シルクロードの街 ウルムチ ”新疆ウイグル自治区博物館” を訪れる
  

  
  
  
  
 
 
  
シルクロード>  新疆博物館  ウルムチバザール  天地  カレーズ  ベゼクルク千仏洞  火焔山  ウルムチ〜敦煌  
敦煌散策> 月牙泉  鳴砂山  敦煌市内   <西安散策> 






 1.中国 ウルムチ ”新疆ウイグル自治区博物館” を訪れる
 
     
 新疆ウイグル自治区博物館
 (しんきょうういぐるじちはくぶつかん)
 中国  博物館
 中国
 ウィグル自治区 ウルムチ市
(撮影 2017.06.24)
 新疆ウイグル自治区博物館館はウルムチ市の西北にある総合的な博物館です。1953年に建設され、1963年にオーペンしました。この博物館は
   ・「新疆の少数民族の民俗展覧館」
   ・「新疆の歴史と出土文物展覧」
   ・「新疆のミイラ展覧」
三つの部分からなります。その展示面積は約7800平方メートルで、館内には歴史や民族の文物など5万点以上収蔵されています。収蔵品には綾、錦、絽、紗などの絹製品や染物、刺繍のほか、漢字、ウイグル文字、サンスクリット文字、アラビア文字などで書かれた文書や手紙のある博物館です。   (ゴールデン旅HPより)   
(Size : 2,089KB) 新疆ウルムチ自治区博物館を望む 新疆ウルムチ自治区博物館、館内の様子です







作成中です

  【楼蘭の美女について】

 楼蘭の美女(ミイラ)は1980年、タクラマカン砂漠の東にある楼蘭鉄板河遺跡で発掘されました。炭素14測定の結果、紀元前19世紀(約3,800年前)に埋葬されたもので、死亡時の年齢は約40歳、身長155センチメートルと推測されています。

 2004年5月29日には中国遼寧省瀋陽市の中国刑事警察学院刑事人相学の専門家、趙成文によって3年がかりで楼蘭の美女の生前の姿を再現する頭像が製作されました。趙成文は「今回復元した容貌は生前のものに90パーセント以上似ているだろう」と語っています。      
(ウィキペディアより)
 
   
 







  お気に入り写真




新疆ウイグル自治区博物館にて






楼蘭の美女を望む。炭素14測定の結果、紀元前19世紀(約3,800年前)に埋葬されたとのことです




楼蘭の美女は、1980年タクラマカン砂漠の東にある楼蘭鉄板河遺跡で発掘されたものです






新疆ウイグル自治区博物館を望む




新疆ウイグル自治区博物館、管内の様子です(楼蘭の美女の展示前です)






新疆ウイグル自治区博物館にて




新疆ウイグル自治区博物館にて






新疆ウイグル自治区博物館にて、タクラマカン砂漠周辺の地図が展示されています






新疆ウイグル自治区博物館にて






新疆ウイグル自治区博物館にて




新疆ウイグル自治区博物館より、博物館入り口をを望む






新疆ウイグル自治区博物館の広場のバラの花です






シルクロード>  新疆博物館  ウルムチバザール  天地  カレーズ  ベゼクルク千仏洞  火焔山  ウルムチ〜敦煌  
敦煌散策> 月牙泉  鳴砂山  敦煌市内   <西安散策> 

  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki.com, All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止